旅行・地域

2010年5月17日 (月)

スミカプロジェクトの見学

Dvc00147 Dvc00109

GW明けてから新たなマンション・プロジェクトの仕事が2物件同時に始まり、継続して進めている設計物件に加えてのハードワークとなり、この2週間は、かなりウルトラスケジュールになっていました。 というわけで毎週の更新は心がけたいと思っているこのブログもなかなか更新ができずにいたのです。

そんな中、東京ガスの営業担当の方よりお誘いを頂き、先日、宇都宮にある「スミカプロジェクト」を見学してきました。

伊東豊雄氏、藤森照信氏、西沢大良氏、藤本壮介氏の4人の建築家が設計したコンセプト住宅を見学することができるということで、とても興味深かかったため強引にスケジュールに組み込んで宇都宮へ向かいました。

Dvc00125 Dvc00117_2

Dvc00079

4人の建築家のそれぞれの個性が表現された住宅ですが、コンセプト住宅ということもあり、現実的な生活空間としてはかなり無理な状況がありますが、「住宅」のあり方、住まう空間の「原点」を感じることができとても参考になりました。

伊東氏以外の3つの住宅は実際に販売もしているそうなので、個性的な空間で暮らしてみたい方はぜひ体感してみると面白いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

世界遺産「首里城」

P1010623

連休中に沖縄へ行ってきました。 バカンスでならいいのですが仕事でした。 以前やはり仕事でハワイへ行き一度もビーチへ行かずに帰国したことがあるのですが、今回もそうなってしまいました・・

それでも仕事を終えて帰りの航空便までのわずかな時間でしたが、どこか沖縄らしいところへ行こうと琉球王国の象徴である首里城へ行くことに。 

P1010600

首里城の外壁は朱赤色の漆塗りなのだそうです。 ちょうど修復中でした。 朱赤色の外観やデザインは、日本伝統の意匠とは異なり、どこかアジア独特の文化を感じさせる雰囲気です。

P1010609

屋根瓦にも赤色が使われ独特な雰囲気をつくっています。 中国や韓国で見た寺院建築に共通する意匠でもあり、その昔「琉球王国」がアジアの文化に影響されたことがよくわかりました。

わずか1時間程度の見学でしたが、さすが世界遺産に認定されるだけあり、王朝建築と貴重な文化を体験することができました。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

那須の木造建築秘湯

Dvc00022

那須温泉といったらここ「鹿の湯」に行かなければいけません。 那須湯元の温泉神社下付近に流れる川沿いに、突如と現れるひなびた木造建築は、明治時代からのものだそうです。

まるで一瞬のうちにタイムカプセルでその昔に到着したような、懐かしい日本の風景を感じることができ、僕は那須に来ると必ず立ち寄る場所の一つになっています。

Dvc00024

木造建築内の温泉は40度~46度までの風呂に分かれていて、これがまたすごく雰囲気があるのです。  ひなびた秘湯温泉をもとめている方にはとてもオススメです。 町営なので大人400円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

那須で休日

P1010428_4

夏休みを少しずらして那須の家に行くことに。 それでも那須はけっこう混んでます。 1年に1~2回しか僕は行けないのですが、森林浴と温泉はやはりリフレッシュできます。

P1010434

那須では特別な予定などはたてずに、早起きをしてブラブラ歩いたり、美味しいお店を探したりと、ふだんの時間に追われる生活から逃れることができる非日常性がとても良いのだと思ってます。 以前は休むことなどまったく考えなかったんですけどね。

P1010440

今回探した美味しいお店はインタリア料理のレストラン「クチーナ・ハセガワ」。 山の小道を探ってたどりつく・・という雰囲気のお店ですが、ナチュラルな雰囲気で野菜や素材にこだわりを感じる、美味しいお店でした。

P1010444

ランチの時間はけっこう混むみたいなので予約したほうがベターのようです。 僕らが行ったときも満席になってました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

週末は大宰府へ

P1000413

週末、仕事で久しぶりに福岡へ行き、日曜は大宰府の街を見学してきました。 当日は九州産業大学教授で福岡のインテリアデザイナー山永さんにご案内していただきました。

まず九州国立博物館へ。 日本で4番目の国立博物館なのだそうです。

建築家の菊竹清訓氏の設計で、巨大な建築ですがファサードのガラスに周辺の景色が写りこみ、豊かな自然環境に溶け込むことを考えたのではと感じました。 そして、ブルーの色使いが特徴的ですが、きっと晴天のときには巨大な建築を見上げたとき空の青さと同化することも狙っているのかもしれません。 この日はあいにく曇り空でその効果は確認できなかったのですが。

この博物館からトンネルで大宰府天満宮へつながっていました。 ここはツアー客などでかなり混んでましたが、とても広い境内なので、有名な「飛梅」や巨大なクスの木を見学しながらゆっくり散策することができます。

P1000435

天満宮の参道を少し上ったところには光明禅寺があり、有名な石庭と裏庭は枯山水のとても素晴らしい庭園を見ることができました。  

P1000422

心が洗われるような、なんともいえない静寂さがとても魅力的なのです。 紅葉のときは庭をおおうモミジがそれは綺麗なのだそうです。 機会があれば紅葉季節、また行って見たいと思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)